話がつまらないのはなぜ?【理由と改善方法を簡単に解説】

投稿日:

Pocket



あなたの話、つまらないんだけど。


「話がつまらない」と言われたら「私は会話が苦手なんで」と思ってませんか?相手と話すのはプライベートや仕事、その他にも社会の生活で大切です。

生まれ持った性格だから…とあきらめるのは早いです。「話がつまらない」の意味を間違えて理解してるかもしれません。

この記事を書いている「ほそめパパ」と申します。
  • 社会人歴19年の現役サラリーマン
  • 中間管理職(リーダー、マネジメント)
  • 人材育成や後輩指導の業務に従事

現在の私は仕事で同僚や後輩の人材育成に取り組んでいます。今やコミュニケーション能力を問われる時代です。技術職でも技術面より必要なスキルとなっています。

今回は、話がつまらないと感じさせる仕組みをわかりやすく解説していきたいと思います。

話がつまらないとは?用語の意味と仕組み解説

「話がつまらない」とは、どんな意味でしょうか。

話の内容が「面白くない」「楽しくない」と思いますよね。間違ってはいませんが、正解とも言えません。「お笑い芸人」や「落語家」といった芸人でなければ、常に面白く楽しい話のネタがあるのは難しいです。

「話がつまらない」とは、聞いてる話に「飽きた」「興味がない」を言葉にしたものです。

それでは「面白く楽しい話のネタ」があれば相手は飽きないのか?実はそうでもありません。同じ内容の話でも「話し手」によって「聞き手」の感情は変えれます。

つまり、重要なのは「面白く楽しい話のネタ」ではなく、「話の内容をどのように相手に伝えるか」です。

「つまらない」という一言には「あなたが伝えたい内容」が相手に伝わらず「興味ないから話すのやめて」という意思表示です。

言いかえると次のような要素を話に取り込めば「つまらない」と感じません。

  • 興味がある
  • 嬉しい
  • 得する

「話すのが苦手なのにできるかな。」と思うかもしれません。安心してください!伝え方には簡単な技術があり、身につければ圧倒的に相手に伝わりやすくなります。

伝える技術とは?【実例でわかりやすく解説】

「伝える技術」とは同じ話の内容でも「伝え方を変えるだけで結果も変わる方法」です。難しそうですが、ようするに言い方を変えればハッピーになります。それでは早速どう変わるか見てみましょう。

好きな人がいるけど、相手は自分に興味がまったくない。

こんなシチュエーションで相手に気持ちを伝えてみましょう。



一目見たときからずっと好きでした。つき合って下さい!



ごめんなさい。好きな人がいるので…


ほぼ100%の確率で断られるでしょう。理由は簡単です。あなたに興味がないから。それよりも「好きでもない人にずっと好きだった」と言われるとストーカーじゃないの!?と感じるかもしれません。

伝え方しだいで、何も変わらないどころかマイナスになることもあります。

それでは、伝え方を変えてみましょう。



インスタでバズってるデザート店の予約が取れそうなんだ。
一緒に行かない?



行ってみたかったんだ。いつ頃の予定なの?


いかがでしょうか?伝え方を変えるだけで相手の感情や行動は大きく変わります。話の内容は相手を誘う点では同じです。

改めてダメな例の理由を考えてみましょう。

  • 頭の中の思いをそのまま言葉にしてる
  • 相手は興味がない話
  • 相手は何の得もしない

共通してるのは、相手の気持ちを何も考えず自分の思いを言葉にしているだけです。
続いて、2つ目の例は何が良かったのでしょうか?

  • 相手が興味のある話
  • 相手が得をする

それぞれ相手が喜びそうな話の内容です。これは伝える技術の中でも代表的な「相手が好きなことを伝える」方法です。

目標は小さくステップアップ方式
今回のように「好きな人とつき合いたい」と目標が高いときには、いきなりゴールを目指さず小さな目標を立てるのがコツです。

  1. 興味のない人
  2. ちょっとした知り合い
  3. 友達
  4. とても仲のいい友達
  5. 恋人(ゴール)

実際に考えたら、興味がない人を恋人にするのは現実的ではありません。

話がつまらないと感じさせない方法【3つの手順で解説】

この手順で話す内容をつくりましょう。

  1. 「相手の気持ち」を知る
  2. 「何を言いたいのか」を決める
  3. 「どのように伝えるか」を決める

これを頭に入れて会話すればもう「つまらない」とは言わせません!
それでは順番に解説していきます。

「相手の気持ち」を知る

まずは相手の気持ちを知りましょう。

話そうとしている内容に興味があるのか?

これが一番重要です。興味ある話題ならわざわざ遠回りしなくて良いです。

  • 好きな食事に誘われる
  • 好きな人からデートに誘われる
  • 趣味が合う友達から遊びの誘い

予定が合わないなど、特に断る理由がなければ楽しい会話になります。実は、「つまらない」と相手が感じる話のほとんどは相手が興味のないのが理由です。

  • 年配の方にスマホの話題をする
  • インドア派の友達にキャンプの誘いをする
  • 山奥の田舎に住む人に最新家電の良さを伝える

どのように感じますか?興味ないからどれだけ「楽しい」「スゴイ」と伝えても相手は「つまらない」と感じるでしょう。

相手の事前調査をする
好きな人とつき合いたいなら、相手が好きなことを調べておきましょう。

  • 好きな食べ物
  • 見てみたい映画
  • 行ってみたい遊園地

重要なのは、一般的にではなく相手が好きか興味あるのいずれか。できたら話す相手の友達から情報を聞き出しても良いでしょう。

そして話題に取り込んで行動してみましょう。すると相手の感情は一気に変化します。

  • 趣味や好みが合うと感じる
  • 自分のことを考えてくれてる
  • この人といてると楽しい

人付き合いが上手な人は自然としてます。あなたも興味ある話題なら聞いてて嫌な気はしませんよね?

「何を言いたいのか」を決める

これは単純に相手に何を伝えたいか。を言葉にするだけです。

好きな人と仲良くなりたい。

ぼんやりではなく言葉にします。すると自分が何をすべきかイメージしやすくなります。

「どのように伝えるか」を決める

「相手に言いたいこと」を「どのように伝えれば良いか」を考えます。

  • 自分の言いたいことは言わない
  • 相手の気持ちを考える

これを頭に思い浮かべて、言いたいことが結果となるように「どのように伝えれば良いか」話す内容を考えましょう。

まとめ

まずは、話がつまらないと言われたなら、相手がどう感じたか考えてみましょう。自分が好きな話を相手が興味ないのに一方的に話していませんか?

どこか思い当たるなら、出来ることから始めると良いでしょう。会話は言葉のキャッチボールなので、相手のことを考えるべきです。

というわけで、相手が好きなことを伝えれば結果は変わるかもしれません。



相手が好きなことを伝えれるようになれば、人生楽しくなるのでおすすめです。


最後までご覧頂き、ありがとうございました。

Pocket

スポンサーリンク


    -伝える技術

    関連記事


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    スポンサーリンク

    プロフィール

    【プロフィール】

    生産性を高める仕事の方法やキャリアアップに関する情報を発信しています。

    本ブログは、記事を執筆している私の実体験をもとにわかりやすい内容にしており、少しでも読者さんのお役にたてれば嬉しい限りです!