ツムツムのハート自動送信のプログラムで使用する関数を紹介【参考】

投稿日:2021年3月17日 |最終更新日:

Pocket

「ツムツムのハート自動送信でプログラムを作ってるけど、どんな処理を関数として登録すればいいんだろう?」

このような疑問にお答えします。

この記事では、ハートの自動送信で使うFRepの関数について紹介します。

関数の紹介

関数について、ご存知かもしれませんが、簡単に説明します。

いくつかの処理をまとめて整理し、1つのかたまりとして扱うことができます。その集まったものを「関数」と呼びます。関数のまとめ方は、数ではなく種類で分別すると整理しやすいです。

関数の参考例
1人のハートの送信をする時は、この3つの操作を行います。
「ハートをタップ」
  ↓
「OKをタップ」
  ↓
「確認の画面をタップ」

プログラムを作る時は、この3つの操作の処理を追加します。この一通りの動作を関数として登録しておきます。そうすると、登録した関数を呼び出せば、同じ動作をしてくれます。

整理された分かりやすいプログラムを作るなら、関数は使えるようになりましょう。
FRepの関数の作り方、使い方はFRepのプログラムの作り方と整理の仕方【手順を詳しく解説】をご覧下さい。

解説している自動送信では、こちらの関数を使っています。

  • 一番下へ
     ランキングの一番下へスクロール
  • 長いスクロール、短いスクロール
     4人分のスクロール
  • ハートオール
     ハートを受け取り、ランキングへ移動
  • ハート送信
     画面上のハートを全て送信


ここからは、関数の処理内容を解説していきます。関数名は、処理内容に影響しません。分かりやすい名前にしましょう。

一番下へ

「一番下へ」の関数の内容です。

一番下までスクロールが出来なければ、ハートの送信漏れが発生します。今後増える人数を想定した多めのスクロールしておきましょう。もし人数が増えて、スクロールが足りなくなれば録画し直しましょう。

長いスクロール、短いスクロール

「長いスクロール」の関数の内容です。

「短いスクロール」の関数の内容です。

それぞれ4人分のスクロールの録画になります。スクロールの移動距離が少し異なり、ズレを調整する為に2つ用意しています。

4人分のズレないスクロールの作り方は、ハートの送信漏れを防ぐのにかなり重要です。詳しくは【重要】ツムツムの自動送信のスクロールがズレないテクニックを解説をご覧下さい。

ハートオール

「ハートオール」の関数の内容です。

メールボックスからハートをまとめて受け取り、ランキングの画面まで戻る操作になります。画像のタップは画像認識を使っています。

画像認識の使い方はツムツムの自動送信のタップミスを防ぐ【Frepの画像認識を解説】で詳しく説明しています。

画像認識の設定は、こちらの画面を参考にして下さい。

画像認識で設定する画像は、赤枠で囲っている部分になります。設定する画像の大きさは、判定したい画像より小さく指定しましょう。大きいと上手く判断が出来ない事があります。

2.ハートボックス

3.まとめて受け取る

4.OK

5.とじる

6.とじる

タップするのは、録画を使ったタップではなく、画像認識で作ればタップのミスは起こりません。

ハート送信

「ハート送信」の関数の内容です。

表示している画面のハートがなくなるまで、ハートのタップと確認画面のタップを繰り返します。

2.ハートのタップは画像認識の範囲指定を使います。


ハートのタップの設定の注意ポイント
ハートのタップで気をつけるポイントが2つあります。

  1. 判定時間
  2. 判定で失敗した時の次の処理

1つ目は、判定時間です。

他の画像認識の設定と異なり、判定時間は3.0秒と短めの設定にしています。

理由は、画像認識の判定の失敗を「ハートが全てなくなった」判断に使っています。この他の画像認識では、基本的に失敗しません。失敗する場合は、設定ミスか通信エラーです。

この判定時間は、画面のハートを全てタップした後に待つ時間になります。短い方が良いですが、短すぎると判定処理自体が失敗する事があるので、その点だけ注意して下さい。

2つ目は、判定で失敗した時の次の処理です。

画面のハートを全てタップした後、この関数の処理を終わらせます。つまり、判定で失敗した時は、次の処理に進まずに、「5.待機」にしています。

3.OKを画像認識でタップします。

4.赤枠で囲っている部分を画像認識でタップします。

ハートが見つかりOKをタップした後は、もういちどハートの判定処理を呼び出します。ハートがあるのかもう一度確認するので、次の処理に進まずに、関数の始めの「1.待機」にしています。

まとめ

今回は、ハート自動送信で使うプログラムの関数を紹介しました。

関数を使い始めたけど、処理のまとめ方が分からない時の参考にでもなれば幸いです。

ツムツムのハート自動送信のプログラムの作り方は、こちらで解説しています。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

Pocket

スポンサーリンク


    -ツムツム

    関連記事


    1. […] これらの問題について、解消しないと完全な自動化にはなりません。それぞれの問題と解決方法を紹介します。 4人分のスクロールがズレる 画面のハートを全てタップした後の、4人分のスクロールが、ちょっとだけズレたりしませんか?見た目はズレてなさそうでも、何回も繰り返し再生していくと、ちょっとずつズレてきます。 この問題は、2つのスクロールを組み合わせれば、解決できます。スクロールをズレなくする方法は【重要】ツムツムの自動送信のスクロールがズレないテクニックを解説で解説しています。 自分や招待をタップして困る ハートをタップする操作で、自分が表示されるとその後の動きが変わって困る。一番下までスクロールすると招待をタップしてしまう。 録画では画面に表示されている内容に関わらず、同じ操作しかできません。人間なら、ハートがあるからハートをタップし、ハートがなければタップしません。この2つの大きな違いは、「ハートがあるから」という判断ができるかの違いです。録画では、同じ操作しかできないので、この判断ができません。 そこで、画面の内容を判断してくれる画像認識という機能を使います。画像認識を使えば、解決できます。画像認識の使い方はツムツムの自動送信のタップミスを防ぐ【FRepの画像認識を解説】をご覧下さい。 リア友にハートを送信したくない ツムツムをしているLINEの友だち全員にハートを送信するとハートの交換目的ではない実際の知り合いも含まれます。 ツムツムを気軽に遊んでいる人からすれば、大量にハートが送られてくると返さないといけないの?と困惑してしまいます。 この問題は名前でハートを送る人と送らない人を判断すれば解決できます。特定の人だけにハートを送信する方法は特定の人だけにハートを送信する方法は?で解説しています。 録画の他の機能は? 録画の他に画像認識のような、使うと便利な機能を紹介します。FRepにある機能を全て覚える必要はありません。 自動送信で使う抑えておきたい機能は【初心者向け】FRepの基本機能を解説【これだけは覚えよう】で解説しています。 ここまでくれば、FRepの機能は一通り理解されているでしょう。 続いては、処理の順番を並べたものを1つのプログラムとして作ります。処理を寄せ集めて、順序を決めてあげるイメージです。 プログラムの作り方はFRepのプログラムの作り方と整理の仕方【手順を詳しく解説】で解説しています。手順を覚えれば簡単です。 プログラムでは、いくつかの処理をまとめて整理することができ、その集まったものを「関数」と呼びます。自動送信のプログラムで使っている関数と処理の内容を公開します。 自動送信のプログラムで使用する関数はツムツムのハート自動送信のプログラムで使用する関数を紹介【参考】で解説しています。 […]

    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    スポンサーリンク

    プロフィール

    【プロフィール】

    パソコンやプログラミングが好きな40代のパパです。あ~なるほど!と思うような役立つ情報を発信していきます。

    ハートの自動送信のやり方まとめ