やる気が出ないときの対処法は?【原因がわかればスッキリ!】

投稿日:

Pocket



やる気が出ない。なんかいい方法ないかな?


勉強や仕事のやる気が出ない。やらないといけないのはわかってるけど、気持ちが乗らないんだよなぁ…

なぜやる気が出ないのか。やる気を出すにはどうすれば良いのか。それは、人の考えや気持ちの変化に秘密が隠されています。

気持ちをコントロールできたら、結果にコミットできます。それでは目的を達成する方法を解説しますね。

やる気が出ないときの対処法

あなたのやる気を出したい行動は何でしょうか。試験や資格の勉強、仕事、ダイエットと色々ありますが、その行動に興味はありますか。

資格を取るのに勉強したいなら、その人の興味によって考えや気持ちは異なります。

  • 興味がない…会社で取得しろと言われたけど必要性を感じない
  • 興味がある…スキルやキャリアアップを目指して自発的に学習に取り組んでる

興味がないとやる気を出すのはハッキリ言って難しいです。理由は簡単で、興味ないことをやるのは苦痛でしかないです。

興味がないならやる気は出ない

興味がないとやる気は出ないの?

ダイエットに興味がない人に頑張れ!と伝えてやる気が出るか見てみましょう。



太ってるからやせた方がいいよ。ダイエットしてみたら?




わかってるんだけどね。時間がなくて…


誰にも迷惑かけてないし、やる必要性を感じない。生活に何の支障もない。

どれだけ伝えてもダイエットする気は起こりません。ダイエットしない理由はいくつか考えられます。

  • ダイエットするの面倒
  • 運動するの苦手
  • 食事制限したくない

ダイエットすれば体に健康的なのは本人も理解してますが、今のままでも困ってません。ダイエットする生活とダイエットしない生活、ラクな方を選ぶに決まってます。

興味ないことは、やるしかない状況を作らないと行動しません。それでは諦めるしかないのでしょうか。そんなことはありません。

やる気って何?

やる気とは何でしょうか。みずから進んで何かをやろうとする気持ちです。

気持ちは自分で簡単に変化させることはできません。

怒って下さい

いきなり怒れますか?怒るフリはできても、怒る理由がないと心の底から怒れません。やる気も同じです。

自分の大事なものを壊されたら、壊した人を怒る気持ちが出てきます。つまり、何かしらの理由やきっかけがないと気持ちは変化しません。

やる気を出す行動の理由を探す

興味がないなら、興味をもてる理由を探すことから始めましょう。

どんな理由でも良いです。自分の憧れ、好きな人がいれば理由は作りやすいです。

  • 異性にモテたい
  • 恋人に格好良く思われたい

自分の考えた理由なら納得でき、理由があれば行動するきっかけになります。どんな理由でも良いので、行動したくなる理由を作りましょう。

その理由は、やる気を出したい行動の最終目的になります。

  • 最終地点(目的)…異性にモテたい
  • 解決方法(目標)…ダイエットする

やる気を出したい行動はその目的の1つの解決方法です。目的を達成したい気持ちの強さだけやる気が出ます。

やる気を出し続けるのは無理

行動する目的が決まったら、やる気を出し続けることはできるのでしょうか。

答えはノーです。やる気は気持ちなので、続けるのは難しいです。それは、好きなことの気持ちでも同じです。

好きなことでも、やり続けると飽きる!

どんなに好きでも同じことをやり続けると飽きます。

  • ラーメンが大好き。同じラーメンを食べ続ける。
  • デザートが大好き。同じデザートを食べ続ける。
  • ゲームが大好き。同じゲームをやり続ける。

いかがでしょう。毎日同じものを食べ続けたり、同じ遊びを続けるのは飽きてきますよね。

同じことをやり続ける方法はあるの?

同じことをやり続ける方法は?実は、考えたり悩んではいけません。

  1. やる気を出そうとしない
  2. 目標は低く期間は短く
  3. 頭ではなく体に覚えさす
  4. 飽きない工夫をする
  5. ゲーム感覚で楽しむ

しっかり取り組めば行動し続けれます。順番に解説しますね。

やる気を出そうとしない

まず、行動できない人はやる気を出そうとしてます。


このようにやる気が出ないから行動できないと考えてませんか。

目指すのは、やる気を出すことではなく行動することです。やる気が出ないと悩まず、何も考えずに行動してみましょう。


行動すると楽しくなり、やる気が出てきて行動したくなります。まずは、行動しないと何も始まりません。やる気は、出すものではなく自然と出てくるものです。

目標は低く期間は短く

目標が高かったり期間が長いと行動しません。

それは、頭にイメージしづらいからです。

1年間で10キロやせるぞ!

いざやろうと意気込みはあっても、イメージがぼんやりしてるから行動が先延ばしになります。ただ、夢をえがいてるだけのような感覚。

  • 1年間で10キロやせる
  • 1か月で1キロやせる
  • 2週間はデザートを食べない

この中ではデザートを食べないのが一番行動しやすいと感じます。それは、期間が短いのと行動がイメージしやすいからです。まずは、自分で達成できる具体的な目標を短い期間で設定します。

行動し始めるのが大切で、はじめの一歩がないと始まりません。達成できたら自信にもなり、続けようとする気持ちがわいてきます。

目標は、結果よりも行動が達成しやすいです。1キロやせるは結果、デザートを食べないは行動です。行動を目標にすれば悩むことはありません。

  1. お菓子を控えめにする
  2. ウォーキングする
  3. 簡単な筋トレをする
  4. ジョギングする
  5. 本格的な筋トレをする

このように少しずつステップアップすれば結果はついてきます。結果だけを気にして達成できないと一気にやる気がなくなります。

頭ではなく体に覚えさす

行動し始めても長続きはしません。

それは、行動するのが面倒と考えるからです。せっかく行動し始めたのに終わらせるのはもったいない!リーダーシップや自己実現で世界な権威の一人であるロビン・シャーマの名言があります。

3週間続けることができれば習慣となり、それからは無意識に行動できる。


これは自分に当てはめると非常に分かりやすいです。朝起きてあなたは何をしますか?

  • 顔を洗う
  • 歯をみがく
  • トイレに行く
  • 朝ごはんを食べる
  • 学校や仕事の準備

考えるよりも先に体が動いてませんか。習慣になれば、考えなくても勝手に体が動きます。まずは3週間続けることを目標にしましょう。

飽きない工夫をする

どんなに好きでも同じことをやり続けると飽きます。これは誰にでも言えることです。

目的は変えずに行動する内容を変えていきましょう。

  • 筋トレの日
  • ランニングの日
  • 体を休める日

計画的に行動を決めて体を休めることも大切です。頭や体を動かし続けてると疲れます。

ゲーム感覚で楽しむ

飽きないようにする方法の1つですが、ゲームのように楽しめば続けやすいです。

カレンダーを用意し、運動した日に〇をつける

行動した内容を何となくではなく、きちんと記録します。これを1週間ごとに集計し、増えたらレベルアップした!と思えば行動するのが楽しくなります。

最初は〇をつけるだけですが、慣れてきたらトレーニングの回数や時間も記録します。自分の成長が数字として実感でき、自信にもつながります。

まとめ

目的を達成する方法をまとめます。

  • やる気を出す行動の理由を探す
  • やる気を出そうとしない
  • 目標は低く期間は短く
  • 頭ではなく体に覚えさす
  • 飽きない工夫をする
  • ゲーム感覚で楽しむ

ようするに、やる気が出ないと悩む暇があるなら行動しましょう。少しでも参考になれば嬉しいかぎりです。

というわけで、まずは行動しないと何も始まりません。



習慣になればやる気なんてどうでも良いことに気づきますよ。


最後までご覧頂き、ありがとうございました。

Pocket

スポンサーリンク


    -仕事・キャリア

    スポンサーリンク

    プロフィール

    【プロフィール】

    生産性を高める仕事の方法やキャリアアップに関する情報を発信しています。

    本ブログは、記事を執筆している私の実体験をもとにわかりやすい内容にしており、少しでも読者さんのお役にたてれば嬉しい限りです!